橋幸夫・吉永小百合 EP「若い東京の空の下」




1,964年の東京オリンピックは、
変わる昭和の象徴的なイベントだったんだなと
今更ながらに思います。

テレビが爆発的に普及し、新幹線が開通し、
レコードはSP盤からLP 盤、EP盤の時代に。




画像


橋幸夫と吉永小百合のデュエット曲で映画の主題歌
「若い東京の空の下」からはそんな時代を感じます。











この記事へのトラックバック