華流ドラマ「宮廷の諍い女」 面白いです。




華流ドラマ「宮廷の諍い女」が、
面白くて、ハマってます。




画像


清の第5代皇帝・雍正帝の時代、
日本で言えば大奥のようなところ、
後宮が舞台のストーリー。

後宮内での女子同士の
嫉妬と陰謀渦巻く話。

正直、そんなに面白い話だとは思ってませんでした。


ところが、これが見始めるとやめられない。

日本のドラマと違い、全76話とかなり長いのだけれど、
主人公甄嬛の性格も人物関係も
少しづつ変化していく。

最初は平穏を望む甄嬛;が
したたかな戦略家になり、のし上がっていく。

前半の敵ボスはわかりやすく
後宮でやりたい放題の側室 華妃。


後半の敵ボスは、前半ではその本性を
見せることのなかった大物二人。


なかなか見応えありですね。












この記事へのトラックバック