最近の米太 

久し振りにブログに米太のことを書き込みます。



画像


写真の右足の包帯。
静脈点滴の針が入っています。


正月明け後から便秘が続き、
一度、獣医さんにて浣腸をしたのですが、
その後、徐々に体調が悪化。


1月28日(月)の夜、見るからに悪い状態となったので
夜間救急動物病院にて検査、腎不全と判明。
特に腎臓に関する数値は、
計測できないほどの状態でした。

普通は高齢の猫の病気。
まだ3歳半の米太だったので、まさかという感じでした。
腎不全に関しては点滴でしか対処ができないということで、
午後10:00~翌午前2:00まで静脈点滴。


火曜日からは、かかりつけの獣医さんで、
連日、点滴という日がつづいたのですが、
2/2(土)、今度はいきなりバタッと横に倒れてしまいました。
重度の貧血ということで、緊急輸血。

その後も連日点滴の日々が続いています。

徐々にではあるけれど、元気になってきてはいます。
ただ猫の1年は人間なら4年、それに比例するかのように
体調が変わるので、なかなか気は抜けません。


色々な人の話やネット等で、猫の腎不全は大変だとは、
見聞してましたが、想像以上。

金銭的には、まだ若いせいもあって保険に入ってなかったので、
かなりの高額。、

そして、普通に寝てくれることになんと安心することか。
薄目で寝てるのか、寝てないのかわからない状態が
続くのを見てると、こちらが眠れなくなるという状態に。


犬でも猫でも、一緒にすごしていれば家族。
健康診断や保険の大切さがこういう状態なって
初めてわかりました。


米太も自分も、まだまだ頑張ります。








この記事へのトラックバック