EPSON ES-6000H A3スキャナー 中古を格安購入

画像


仕事上、A3のスキャナーは必要といえば必要。

但し、使用頻度はそうは多くはない。

今までは、「A3原稿をA4に縮小コピー、
それをA4スキャナーからA3データ化」
という面倒なことをしてました。


そんなおり、なんとオークションに2,500円というA3スキャナーが。
「EPSON ES-6000H 」
調べると、スペックは悪くない。

SCSI接続なんで安いようだけど、
WIN95,98の頃はの周辺機器は、
スキャナー、ZIP、HDDとほとんどSCSIだったし、
USBは手軽だけれども、SCSIのほうが信頼できるような気がする。


速攻、注文して届いたものは、やはり大きい。
かつて使っていたA2プロッターの上に載せて、
ほぼギリギリの大きさ。

SCSI系の機器は、なんとなくごっついイメージがある、
このスマートではないとこ、嫌われる一因かな?・・・・・。






画像


ここで、誤算がひとつ、裏側のケーブル端子 ハーフ50PIN。

SCSIケーブルは、3、4本あるのですが、
WIN95当時のSCSI機器の端子は、
全50PINやZIPのD-sub、あうケーブルがない。





画像


そこで、マルツ電波浜松店のJUNKコーナーに行ったなら。

ありました、ハーフ50PINで1mのものが300円也。

新品コーナーなら2,000円以上、
こういう周辺品の金額というのは、よくわからないです。





画像


後は、PCにSCSIボードを取り付け、接続。

ついでにメモリーを今までの256M+512Mから
512M+1024Mに増強。
XPで仕事用、充分過ぎるほど。これで使い倒しです。





画像


試しに、LPレコードのジャケットをスキャン。
スピードも精度も充分満足なレベル。

お買い得でした!!









この記事へのトラックバック