浜松・東三河フェニックス 初優勝!!

浜松・東三河フェニックス
プロバスケットボールチーム浜松・東三河フェニックス



浜松・東三河が加入2年目で初優勝=bjリーグファイナル

プロバスケットボールのbjリーグ・プレーオフファイナルが23日、東京・有明コロシアムで行われ、浜松・東三河が大阪を84-56で下し、リーグ加入2シーズン目にして初優勝を飾った。

 試合は序盤、ともにシュートが入らずロースコアな展開となるが、第2クオーターに入り、大阪のディフェンスのすきを突いた浜松・東三河が得点を重ねて36-27と9点リードし、前半を終える。
 後半も両チームともにインサイドを固め、なかなか点が入らないものの、終始、浜松がリードを保つ展開。最終クオーターでは、焦りでミスが増える大阪に対し、浜松・東三河が確実に得点を重ねていき、28点差で優勝。東カンファレンスからの優勝チームはリーグ5シーズン目にして初。

 大会の最優秀選手賞には、前日のカンファレンス決勝でも活躍した浜松・東三河の大口真洋キャプテンが輝いた。

 また3位決定戦では、昨シーズンの覇者・沖縄が新潟を82ー75で破った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100523-00000023-spnavi-spo





地元チームの優勝はやっぱり嬉しい!!


東地区のチームの優勝は初めてのこと。

MVPを大口キャプテンが受賞。
日本人選手のMVPもBJリーグ初。

今年のチームはどこからでも点が取れて
最後まで、ホントニ強かった。


中村H.Cのコメントと、どんな表情をするかが楽しみ。

大口キャプテンをはじめ選手の皆さんもご苦労様です。






この記事へのトラックバック