「SIMロック」の解除  日本の携帯電話も漸くインターナショナル化?








この問題は、以前に一度書き込みましたが、

世界の中で取り残され、
「ガラパゴス携帯」と呼ばれてる日本の携帯電話。
漸く、インターナショナル・スタンダードな携帯になるんでしょうか。


端末一体販売で儲けてきたキャリアーの反対は根強そう。

メーカーにすれば、輸出増が期待できる反面、
ノキアやモトローラとの競争もあるんで、陶冶も進みそう。


世界中どこでも、同じ携帯を低料金で使えることや、
国内でも、同じ電話でキャリアーを選択できるのは、
消費者にすれば、いいことだと思います。

ホアさんやベトナムの人からすれば、
日本でもベトナムでも同じ端末のほうが、
いいのはわかってるけど。

どうなるんでしょうか?








この記事へのトラックバック