古橋広之進氏死去、80歳 地元なので・・・・

今日、いきなり飛び込んできた 訃報



古橋広之進氏死去、80歳=フジヤマのトビウオ、JOC元会長

【ローマ時事】戦後の復興期に競泳で世界記録を連発して日本人を勇気づけ、「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた日本オリンピック委員会(JOC)元会長、日本水泳連盟名誉会長の古橋広之進(ふるはし・ひろのしん)氏が2日、世界水泳選手権が開かれている当地で死去した。80歳だった。浜松市出身。葬儀の日取り、喪主などは未定。
 2日夕に記者会見した日本水連によると、同日午前10時すぎに古橋氏の宿泊ホテルを訪ねた際、ベッドで既に息を引き取っていたという。水連によれば、現地の検視医は同氏は急性心不全による自然死で同日午前8時ごろ死亡したとみている。
 古橋氏は1928年、静岡県雄踏町(現浜松市)で9人兄弟の長男として生まれ、小学6年生の時に学童新記録をマーク。地元で「豆魚雷」の異名を取った。戦時中の勤労動員で作業中に左手中指の指先を失う事故に遭ったが、努力と創意工夫でカバー。日大在学中の48年夏、400、1500メートル自由形などで同年ロンドン五輪の優勝記録、世界記録を大幅に上回るタイムをマークした。
 49年、ロサンゼルスでの全米水泳選手権に出場し、自由形の中長距離種目で驚異的な世界新記録を連発。米国メディアに「フジヤマのトビウオ」と名付けられ、国内外の日本人を熱狂させた。不運が重なり五輪に縁がなく、唯一出場した52年ヘルシンキ大会は400メートル自由形で8位だった。
 現役引退後はサラリーマン生活を経て日大で教壇に立ちながらスポーツ界の発展に貢献。日本水連では85年から18年間会長職にあり、90年にはJOC会長に就任、5期9年務めた。アジア・オリンピック評議会(OCA)副会長などを歴任。国際水泳連盟(FINA)では副会長として、先の総会で再選された。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000006-jij-spo




全盛期のことは知らないけど、自分も同じ雄踏町出身。
浜松市にも古橋広之進氏の記念プールがオープンしたばかり。
突然の客死という訃報にはびっくりしました。

戦後日本の光明となった活躍は色褪せるものではないでしょう。
ご冥福をお祈りします。





ベトナム食品、雑貨 販売してます。






この記事へのトラックバック