日本の携帯電話の孤立化



海外旅行によく行かれる方ならよくご存知のことですが、

日本の携帯電話が独自の発展をしたために世界のスタンダードとは
かなりかけ離れたものになってしまっているということ。

あの世界一のシェアを誇るノキアですら日本市場から撤退したほど・・・
そのため日本のメーカーも世界市場でのシェアは微々たるものですが。

特に感じるのは、
海外では携帯電話本体と通信会社は分離されているのに
日本ではそれがほぼ一体販売となってしまってること。

例えば、シャープの携帯電話を買えば、ドコモだろうとauだろうと
ソフトバンクだろうとどこのシム・カードでも使えるのが世界のスタンダード。
それができないのが日本。

海外旅行に行ったら、同じ携帯電話でベトナムのシム・カードをを入れたり、
フィリピンのシム・カードをいれたりできるのが世界のスタンダード。
それができないのが日本。

海外旅行に行った時は、
バカ高い国際ローミング代金を払うか、極端な話、隣に座っている人と
携帯で通話をしても1分200円とかの料金がかかる。

手馴れたひとなら、現地の携帯電話を購入してシム・カードも購入。
シム・カードは東南アジア方面では500円程度なので
海外旅行の多い人にはこのほうが格安。

どちらにしても日本の携帯電話は独自に発展しすぎて
世界スタンダードからどんどんかけ離れていってるだけ、
国内シェアにばかりとらわれないで
もっと技術や市場を開放することができないのかな?





ベトナム食品・雑貨「キム・ホア」の店
住所:静岡県浜松市高丘東2-19-5
TEL:053-438-3644


大きな地図で見る




フィリピン居酒屋「マブハイ・クルーズ」
住所 静岡県浜松市中区上島2丁目10-1
電話 053-479-4300



大きな地図で見る





ベトナム食品、雑貨 販売してます。









この記事へのトラックバック